メンタルヘルス

メンタルヘルス
管理画面

参加メンバー

大福さんエルフィングレースさんかつくんさん
大福さんエルフィングレースさんかつくんさん
祐綺(ゆうき)さんふつかさんkarin*さん
祐綺(ゆうき)さんふつかさんkarin*さん
まるこママさんけんさんyoshiplurさん
まるこママさんけんさんyoshiplurさん

新しく参加したメンバー

メンタルヘルストラコミュ・データ

  • このアンケートは終了しました。

メンタルヘルス トラコミュ アンケート回答

タイトル解離のカミングアウトについて。
アンケート内容解離性の障害のある方々へのアンケートです。

私は最近解離が酷く、
解離している間に周囲のひと達に迷惑をかけていることが
非常に多くなってきました。
http://bpd1976.blog27.fc2.com/blog-entry-30.html

解離性の障害のある方々は、自分の周囲の方々に、
「解離であることのカミングアウト」をされていますか?

最近人格が変わる頻度が高くなり、
「話のつじつま」が合わなくなってきたので…
「解離のカミングアウト」をするか悩んでいる次第です。

アンケートへのご協力、宜しくお願致します。
企画者bpd1976 bpd1976さんのプロフィール
集計結果
誰にもカミングアウトしていない。
0件
(0%)
精神科医・カウンセラー等にだけカミングアウトしている。
0件
(0%)
近親者(家族・恋人等)にだけカミングアウトしている。
0件
(0%)
近親者以外に友人にもカミングアウトしている。
0件
(0%)
近親者・友人以外に会社・仕事関係者にもカミングアウトしている。
0件
(0%)
自分の周囲のひと全てにカミングアウトしている。
0件
(0%)
その他。
0件
(0%)
合 計0件
回答期間11年06月20日(月)〜 11年08月15日(月)まで

レス(発言)

12/08/25 03:59
gamozyさん
 返信する2: gamozy  gamozyさんのプロフィール
私は話しても通じないからブログに
書いてますがそれでも通じない人から
メッセやコメがきます。
13/12/18 23:26
ジャイアンさん
 返信する3: ジャイアン  ジャイアンさんのプロフィール
私は幼少期に生まれた代替人格が一人だけいます。
あまりに幼くて、名前もなくて、自分が何をしたいかも分からなくて、言葉もしゃべれなくて...
その正体を知ったのは50才になろうという頃でした。
そんな私ですが、なぜか解離性同一性障害を持っている人は一目で分かります。
私の妻がそうです。
妹も。
妹の娘も。
私の親友も。
なぜ他の人には分からないのかが、私には分からない。
そんな感じです。

特に親友の場合、個々の人格の個性が際立っており、自我がしっかりと備わっています。
7人の老若男女がいるのですが、その全員と友人です。(一名、酷い対人恐怖症の女性がいて、かろうじて私は
危害を加えない存在だとは理解しているようですが、それ以上に対人恐怖の方が勝っていて、ほとんどコミュニ
ケーションが成立しません)
私自身の問題。
解離性同一性障害の実際。
妻のこと。
姪っ子のこと。
それらの諸問題への理解を深められたのは、その友人のおかげです。
友人は、自分以上に自分のことに詳しい(隠し事ができない)私の存在が、時に鬱陶しく、時には自分に向き合いたくないばかりに私を避ける時もあります。
しかし他の人格とも親友ですし、私のことを特別な存在と大切に思ってくれる女性もおられるし、私を天使様と
呼ぶ女の子、いつかは私に尽くせる存在になりたいと切望する女性もいたりと、非情に希有な関係を築けている
と思っています。
どれくらい親密な関係かというと、言葉を交わさなくても、メールの文面、隣に座っている時の雰囲気、声音、目つきだけで、今は誰かということが分かります。
45才のリーダー格男性が、一生懸命にホストである女性の声音をマネして人とコミュニケーションをとっている姿を、私は腹を抱えて笑ってますw
そんな関係です。
また彼ら・彼女らの協力を得つつ、ホストである友人が彼ら・彼女らとコミュニケーションをとり、自力で自分
の状態を認識できるようになるよう、少しずつですが段階を踏みながら対処を続けています。
当人が怖がってコミュニケーションを拒んだり、もしくは皆の存在をいいことに自分の責任を放棄したり、自暴
自棄になって自殺を試みたりと、事件には事欠きません。

この問題に関心のない人、解離の経験のない人には、万言を尽くしても理解してもらう事は不可能と私には思えます。
病理として説明し、取扱説明書よろしく、こういう時の自分は実は別の自分であると説明できればいいのですが
、当人が自分の有り様を正確に認識するのには大変な努力と忍耐、時間、サポートが必要と感じています。

また私の主治医がそうなのですが、医療従事者の中でもDIDとなると否定的な見解を持つ医師も少なくないように感じます。

私は友人の理解も得つつ、周囲に「こういう人もいるんだよ」と話題にすることが多いです。
ほとんどの人は、まるでキワモノ扱いでもするかのような「ホントォ〜?」的な反応がほとんど。
残念です。

新しくレスする(書き込む)

ハンドル名
ブログURL
本文