TOPICS

続きを見る

  • 1位

    神様、もう少し眠らせて

    散らばったままのペットボトル。カップラーメンの空カップ。水槽の底でジッとしたまま餌を待つ金魚。.1月9日、朝、帯状疱疹後神経痛で身体を起こす時も痛がる母の為、人が抱えなくてもいい様に介護ベッドに取り替えた。この時は僅に意志疎通が出来て、「何か食べたい?」と訊くと、本当にか細い声で『り・ん・ご』、と話た。それが、私の聞いた最後の言葉でした。母はその時、右目を僅に開き、涙を流した……。それまで滅多に涙を見せなかった母が、神経痛になってから、夜中泣きながら呼び出しベルを鳴らす事が多くなった……。私は、ただオロオロしながら、レスキューの痛み止めを飲ませるしかなかった。私も三十代の頃、帯状疱疹になり、その後、帯状疱疹後神経痛に苦しみ、1年半入院しているから、母の苦しさは身に染みて分かる。.すり潰したリンゴを、スプーンで口に入れると、噛む仕草をするものの、もう飲み込めない……翌日、入院の為の訪問診療で医師と看護師が訪れた。初めての在宅診療──。診療所の診察が終わってからだろうか、夜7時を過ぎていた。食事を全く摂れていないと言う事で、250mlの点滴を約半量、ゆっくり落としながら、明日、朝一番で入院させましょう、となった。患者搬送には救急車を呼ぶ事にして、部屋は個室が空いているのでそこへ、となった。病院では無い診療所なので、個室代は取らないと言う。しかし、それは叶わなかった──。もし、あと数日早く訪問診療を頼んでいれば、或いは、数日早く入院出来たかもしれない……、と思いつつも、その判断を誰がする?ケアマネージャーが促したとしても、父が納得したか?介護ベッドの提案がせいぜいだったのかもしれない。治療してないと言う事は、全ての判断を家族がする事になる。医師による訪問診療や点滴も、家族が要請しなくては、前に進めない。そんな事も全く知らず、何だか全てが、後手後手になったような気がしてならない──。.医師が帰って間もなく。家族が、「おかあさん、息してないよ!」と叫んだ。直ぐ、医師に再び電話!大晦日。本当に何十年ぶりかで、家族が揃い、いつもの様に母は大好きな寿司を頬ばった──。最後の年越しを、小さなコタツを囲み、小さな家族が、全員揃って迎えられた。医師が告げた。「午後11時56分、御臨終です」「きっとこの家に居たかったんじゃないですかね…。病院のベッドは嫌だったんでしょうね……」医師の言葉に、父が頷いた。.斯くして、私は循環器内科の診察を

    ウサビッチ

    雨宿ウサビッチ日記

    読者になる

続きを見る

  • 眠る前に朝が来る…

    眠る前に朝が来る…

    毎日、朝と夕方の空が好き。 毎日、作る料理が好き。 そんな自分が好きだけど。 眠れない自分は嫌い。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

  • 落ち込んだ時・・・勇気づけるもの

    落ち込んだ時・・・勇気づけるもの

    病は気から〜全てすべては心ココロから 落ち込む事だってある・・・勇気をくれるもの

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 8人

  • YES WE CAN

    YES WE CAN

    あのアメリカの大統領選挙で黒人の方が選ばれている。 アメリカでは人種差別があるから不利と思っていましたが もうそんな古い"あやまち"も消えようとしている。 核兵器によるテロが危惧されてる中、核廃絶を多くの 市民、時期大統領も望まれています。 今回はアメリカも変わる気がしてなりません! いえ同じ場所で意気消沈なんかしてると外からの大きな 変化に飲まれてしまう時代とも思えます。 自分の足で歩み望む変化を自分でGETしましょう そう彼が演説でさかんに民衆に言ってた言葉 YES WE CAN(私達ならできる) だから私も Yes,I can.と叫びたいです。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 7人

  • 一緒にうつ病をしよう!

    一緒にうつ病をしよう!

    うつ病を患い、克服してきました。 そして回復してくるうちに、考えました。 前の私のように、辛く苦しい思いをされている方が、 大勢おられる。 そんな方達の少しでも良い、力になれればと思い活動しています^^ 誰かの助けに、そして力になれれば幸いです。 みんな一人では無いですよ。 一緒にうつ病を克服しましょう^^

    テーマ投稿数 123件

    参加メンバー 15人

  • なやみごと

    なやみごと

    悩み事はためないで書いてスッキリしましょう。 トラコミュをすることで共感をする方もいますので ご利用くださいm(__)m

    テーマ投稿数 57件

    参加メンバー 23人

  • ♪ こころの絵 ♪

    ♪ こころの絵 ♪

    いま、ここで、あなたが。。。感じたことを想うままに描いた作品(ブログ)をご紹介ください。

    テーマ投稿数 30件

    参加メンバー 10人

  • 躁うつ病

    躁うつ病

    長年 躁うつ病で苦しんでいる方と お話し したいです。 宜しくお願いします。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 3人

  • 共感覚

    共感覚

    共感覚(きょうかんかく、synesthesia, synæsthesia)とは、ある刺激に対して通常の感覚だけでなく異なる種類の感覚をも生じさせる一部の人にみられる特殊な知覚現象をいう。 例えば、共感覚を持つ人には文字に色を感じたり、音に色を感じたり、形に味を感じたりする。(wikipediaより引用) 日常の中で、何かそうした体験をされた記事を書かれたら、ぜひトラックバックしてください。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 4人

  • 天使

    天使

    天使・エンジェルに関することならお気軽にどうぞ。

    テーマ投稿数 126件

    参加メンバー 21人

  • 自閉症スペクトラム

    自閉症スペクトラム

    自閉症スペクトラムの方、または関わる方。 画期的な療育法と言われている RDI(Relationship Development Intervention:関係性発達指導法) に取り組んでいる方、興味のある方もどうぞ。

    テーマ投稿数 1,036件

    参加メンバー 45人

続きを見る

  • 神様、もう少し眠らせて

    散らばったままのペットボトル。カップラーメンの空カップ。水槽の底でジッとしたまま餌を待つ金魚。.1月9日、朝、帯状疱疹後神経痛で身体を起こす時も痛がる母の為、人が抱えなくてもいい様に介護ベッドに取り替えた。この時は僅に意志疎通が出来て、「何か食べたい?」と訊くと、本当にか細い声で『り・ん・ご』、と話た。それが、私の聞いた最後の言葉でした。母はその時、右目を僅に開き、涙を流した……。それまで滅多に涙を見せなかった母が、神経痛になってから、夜中泣きながら呼び出しベルを鳴らす事が多くなった……。私は、ただオロオロしながら、レスキューの痛み止めを飲ませるしかなかった。私も三十代の頃、帯状疱疹になり、その後、帯状疱疹後神経痛に苦しみ、1年半入院しているから、母の苦しさは身に染みて分かる。.すり潰したリンゴを、スプーンで口に入れると、噛む仕草をするものの、もう飲み込めない……翌日、入院の為の訪問診療で医師と看護師が訪れた。初めての在宅診療──。診療所の診察が終わってからだろうか、夜7時を過ぎていた。食事を全く摂れていないと言う事で、250mlの点滴を約半量、ゆっくり落としながら、明日、朝一番で入院させましょう、となった。患者搬送には救急車を呼ぶ事にして、部屋は個室が空いているのでそこへ、となった。病院では無い診療所なので、個室代は取らないと言う。しかし、それは叶わなかった──。もし、あと数日早く訪問診療を頼んでいれば、或いは、数日早く入院出来たかもしれない……、と思いつつも、その判断を誰がする?ケアマネージャーが促したとしても、父が納得したか?介護ベッドの提案がせいぜいだったのかもしれない。治療してないと言う事は、全ての判断を家族がする事になる。医師による訪問診療や点滴も、家族が要請しなくては、前に進めない。そんな事も全く知らず、何だか全てが、後手後手になったような気がしてならない──。.医師が帰って間もなく。家族が、「おかあさん、息してないよ!」と叫んだ。直ぐ、医師に再び電話!大晦日。本当に何十年ぶりかで、家族が揃い、いつもの様に母は大好きな寿司を頬ばった──。最後の年越しを、小さなコタツを囲み、小さな家族が、全員揃って迎えられた。医師が告げた。「午後11時56分、御臨終です」「きっとこの家に居たかったんじゃないですかね…。病院のベッドは嫌だったんでしょうね……」医師の言葉に、父が頷いた。.斯くして、私は循環器内科の診察を

    ウサビッチ 雨宿ウサビッチ日記
    読者になる

続きを見る

「メンタルヘルスブログ」 カテゴリー一覧