総合人気ランキング(INポイント順)

?

注目記事

?
  • 1位

    第3回 SASEHASE cafe 開催しました

    カウンセリングをもっと身近に!心の未病カウンセラー 佐瀬りさです。ココロとアロマの座談会 SASEHASE cafe 今回で3回目でした。「臨床心理士って、何…

    Risa Sase

    あなたがあなたらしく生きていくために

  • 2位

    メンバー主催プログラム「しゃぼん玉を描こうPart2」

       菊地です!  本日は、メンバー主催プログラム「しゃぼん玉を描こうpart2」が行われました(^^)このプログラムは、結構前に行われたプログラムのpart…

    あすぴれんと@障がい者福祉にこころのケアを

    「NPO法人/地域活動支援センターあすぴれんと」ブログ

  • 3位

    宮内勝『増補・精神科デイケアマニュアル』(1997、金剛出版)を再読して-丁寧で親切な精神科臨床の視点に学ぶ(再録)

    宮内勝さんの『増補・精神科デイケアマニュアル』(1997、金剛出版)を再読しました。数年前に精神科デイケアで大学院の実習を受けた時に買った本ですので、5年ぶりくらいです。このところ、精神科デイケアについて少し考えていて、デイケアの本棚(いつも見ているコラージュ用の絵本や雑誌の本棚ではなく、メンバーさんの読書用の本棚のほうです)に置いてある統合失調症についての本やデイケアについての本を読んでいるのですが、自分の本棚にあったこの本も読んでみました。例のごとく、あちこちにアンダーラインや付箋があるのですが、内容はかなり忘れてしまっていて、またまた新鮮な気持ちで読みました。ただし、二回目の読書となると、この間の経験も加味されるのか、以前とは違ったところに付箋をはったり、アンダーラインをひいて、勉強になりました。今回、勉...宮内勝『増補・精神科デイケアマニュアル』(1997、金剛出版)を再読して-丁寧で親切な精神科臨床の視点に学ぶ(再録)

    ゆうわファミリーカウンセリング新潟

    ゆうわファミリーカウンセリング新潟

  • 4位

    朱鞠内・津南・孫娘たちの町-どさんこじーじの今日の日記(2019.1.21その2)

    ビールを呑みながらニュースを見てると、全国の積雪情報が出てきた。北海道の朱鞠内191センチ。そんなに雪が積もるところなんだな、と改めて思う(たしかに山の中だったけれど)。財布を落としたのが冬でなくて良かった。冬だったら全体に見つからないだろうな。それどころか、財布を探す人間も行方不明になりそうだ。新潟県津南町も200センチを超えた。例年雪が多いが、今年も多い。一方、孫娘たちが住む新潟県の真ん中あたりのとある町は80センチ。こちらは例年は100センチをゆうに超えるので、今年は少しだけ少なめ。毎朝、雪の中を30分以上歩いて通っている上の孫娘もやれやれというところかもしれない。もっとも、80センチというと、去年の新潟市の積雪量。新潟市では20年ぶりの大雪騒ぎで、除雪車が来るまではうちのタントくんも道路に出られなかった...朱鞠内・津南・孫娘たちの町-どさんこじーじの今日の日記(2019.1.21その2)

    ゆうわファミリーカウンセリング新潟

    ゆうわファミリーカウンセリング新潟

  • 5位

    西域・渡辺一夫・ラテン語-どさんこじーじの今日の日記(2019.1.22)

    暇なので本棚を眺めていると、井上靖・司馬遼太郎『西域をゆく』(1998、文春文庫)を発見。巨匠によるシルクロードについての対談で、楽しみ。なんとなく、本棚で遺跡を発掘しているような気分になる。発掘(?)を続けていると、『ちくま日本文学全集・渡辺一夫』(1993、筑摩書房)を発見する。渡辺一夫さんは加藤周一さんや大江健三郎さんの先生。先日、あるかたのブログでも紹介をされていて、うれしい偶然に喜ぶ(またまたユングだ!)。渡辺さんは戦争中、特高の介入を避けるためにラテン語で日記をつけていたという。ラテン語!すごい人がいるなと思う。英語も満足にできない自分には神さまのように思える。しかし、わたしもこれから勉強をして、たとえばサンスクリット語で日記を書いてみようかなと思ったりもする(?)。サンスクリット語といえば、先日、...西域・渡辺一夫・ラテン語-どさんこじーじの今日の日記(2019.1.22)

    ゆうわファミリーカウンセリング新潟

    ゆうわファミリーカウンセリング新潟

続きを見る

新着記事

?
  • 中井久夫『最終講義-分裂病私見』(1998、みすず書房)を再読して-ていねいな精神科臨床の深い理論に学ぶ(再録)

    中井久夫さんの『最終講義-分裂病私見』(1998、みすず書房)を久しぶりに読みました。購入したのが2003年で、その後、何回かは読んでいるはずですが、それにしても久しぶりです。ところどころにアンダーラインがあるのですが、やはりかなり新鮮な感じで(?)読んでしまいました。精神科デイケアのボランティアでの経験をふまえて読むと、うなずけるところが多々あり、勉強になりました。エヴィデンスとケーススタディの関係、妄想のプラス面、妄想へのつきあい方、患者さんの提案を3週間待ってみること、などなど、ていねいで細やかな配慮が参考になります。中でも、今回、もっとも、勉強になったこと、それは、現実の姿を大切にすることの重要性、ということです。中井さんは、事象を区別したり、分類をせずに、事象そのものを素朴に見ることの大切さを説きます...中井久夫『最終講義-分裂病私見』(1998、みすず書房)を再読して-ていねいな精神科臨床の深い理論に学ぶ(再録)

    ゆうわファミリーカウンセリング新潟 ゆうわファミリーカウンセリング新潟
  • 宮内勝『増補・精神科デイケアマニュアル』(1997、金剛出版)を再読して-丁寧で親切な精神科臨床の視点に学ぶ(再録)

    宮内勝さんの『増補・精神科デイケアマニュアル』(1997、金剛出版)を再読しました。数年前に精神科デイケアで大学院の実習を受けた時に買った本ですので、5年ぶりくらいです。このところ、精神科デイケアについて少し考えていて、デイケアの本棚(いつも見ているコラージュ用の絵本や雑誌の本棚ではなく、メンバーさんの読書用の本棚のほうです)に置いてある統合失調症についての本やデイケアについての本を読んでいるのですが、自分の本棚にあったこの本も読んでみました。例のごとく、あちこちにアンダーラインや付箋があるのですが、内容はかなり忘れてしまっていて、またまた新鮮な気持ちで読みました。ただし、二回目の読書となると、この間の経験も加味されるのか、以前とは違ったところに付箋をはったり、アンダーラインをひいて、勉強になりました。今回、勉...宮内勝『増補・精神科デイケアマニュアル』(1997、金剛出版)を再読して-丁寧で親切な精神科臨床の視点に学ぶ(再録)

    ゆうわファミリーカウンセリング新潟 ゆうわファミリーカウンセリング新潟
  • 正しい情報は魅力に欠ける⁈

    カウンセリングをもっと身近に!心の未病カウンセラー 佐瀬りさです。自分でサロンをはじめてから、いろんな人とコラボさせてもらって、カウンセリングをいろんな人に知…

    Risa Sase あなたがあなたらしく生きていくために
  • 朱鞠内・津南・孫娘たちの町-どさんこじーじの今日の日記(2019.1.21その2)

    ビールを呑みながらニュースを見てると、全国の積雪情報が出てきた。北海道の朱鞠内191センチ。そんなに雪が積もるところなんだな、と改めて思う(たしかに山の中だったけれど)。財布を落としたのが冬でなくて良かった。冬だったら全体に見つからないだろうな。それどころか、財布を探す人間も行方不明になりそうだ。新潟県津南町も200センチを超えた。例年雪が多いが、今年も多い。一方、孫娘たちが住む新潟県の真ん中あたりのとある町は80センチ。こちらは例年は100センチをゆうに超えるので、今年は少しだけ少なめ。毎朝、雪の中を30分以上歩いて通っている上の孫娘もやれやれというところかもしれない。もっとも、80センチというと、去年の新潟市の積雪量。新潟市では20年ぶりの大雪騒ぎで、除雪車が来るまではうちのタントくんも道路に出られなかった...朱鞠内・津南・孫娘たちの町-どさんこじーじの今日の日記(2019.1.21その2)

    ゆうわファミリーカウンセリング新潟 ゆうわファミリーカウンセリング新潟
  • メンバー主催プログラム「しゃぼん玉を描こうPart2」

       菊地です!  本日は、メンバー主催プログラム「しゃぼん玉を描こうpart2」が行われました(^^)このプログラムは、結構前に行われたプログラムのpart…

    あすぴれんと@障がい者福祉にこころのケアを 「NPO法人/地域活動支援センターあすぴれんと」ブログ

続きを見る

新着ブログサイト

?

続きを見る

記事画像

?

続きを見る

「メンタルヘルスブログ」 カテゴリー一覧