searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

伝統的日本仏教を見直そう

THEME help
伝統的日本仏教を見直そう
テーマ名
伝統的日本仏教を見直そう
テーマの詳細
伝統的日本仏教について、肯定的な内容であれば何でもOKでございます。日本で江戸時代以前に存在しなかった宗派・新宗教についての内容や、日本仏教について批判的な記事は、投稿をご遠慮くださいませ。
テーマ投稿数
1,167件
参加メンバー
57人
管理人
tenjin95管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「伝統的日本仏教を見直そう」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「伝統的日本仏教を見直そう メンタルヘルスブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

伝統的日本仏教を見直そうの記事

1件〜50件

  • 雑 第二十五 其19(富永仲基『出定後語』を学ぶ46)
    2020/11/27 09:27
    雑 第二十五 其19(富永仲基『出定後語』を学ぶ46)

    ここ1年以上にわたって、最後の一章「雑」を採り上げている。本章は「雑」の字の通りで、他に一章を立てるほどが無い程度の内容でもって、様々な事柄を富永仲基が論じたものである。本当に種々雑多な内容だが、見ていると20前後の節に分けられそうなので、一つ一つ見ていきたいと思う。諸法相い万すと雖も、其の要は善を為すに帰す。苟に能く其の法を守りて、而も各おの善を為すに篤ければ、則ち何ぞ彼此を択ばん、仏も亦た可なり、儒も亦た可なり。苟に善を為くると為す者は、乃ち一家なり。何に況んや、同じく仏を宗として、而も其の派を異にする者をや。徒らに、其の派の之れ異有るを争いて、而も善を為せること無き者は、吾れ之を知らず。文も亦た可なり、幻も亦た可なり、其の志、誠に善を為すに在らば、則ち何ぞ不可ならん。徒らに幻と文とに淫して、而も善を為すに...雑第二十五其19(富永仲基『出定後語』を学ぶ46)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • マルティン・ルター『九十五箇条の提題』を学ぶ・16
    2020/11/26 09:30
    マルティン・ルター『九十五箇条の提題』を学ぶ・16

    ドイツ宗教改革の発端にもなったとされるマルティン・ルターの『九十五箇条の提題』の日本語訳を学んでいく連載記事である。連載16回目である。16地獄、煉獄、天国の違いは、絶望、絶望への接近、救いの確かさの違いに対応している。深井氏下掲同著・17頁この辺は、キリスト教の世界観と相即した見解だということになるだろう。地獄と煉獄の違いについては、【前回の記事】でも申し上げた通りなので、割愛するけれども、ルターは、死後の行き先について、生前に於けるその人の心のあり方に由来することを指摘している。ここ数回の記事で、死を迎えようとしている者の魂の癒やしや愛によって充たされることの重大性を説いていたことを確認したが、最後の「救いの確かさ」を持っている魂は、天国に行くことになる。一方で、ここでルターが述べる「絶望」とは何であろうか...マルティン・ルター『九十五箇条の提題』を学ぶ・16

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 面山瑞方禅師『傘松日記』に見える禅戒思想(2)
    2020/11/25 08:38
    面山瑞方禅師『傘松日記』に見える禅戒思想(2)

    まずは、以下の一節をご覧いただきたい。因みに茶話、禅門戒壇の委悉なり。『傘松日記』、『続曹洞宗全書』「法語」巻・450頁下段、訓読は拙僧たった一節ではあるのだが、ここで当時の大本山永平寺貫首であられた、40世・大虚喝玄禅師と、面山瑞方禅師の間で、どのようなことが話題となったのか、簡単に推定してみたい。まず、「禅門戒壇」と述べるのは、江戸時代初期から宗門授戒会のデファクトスタンダードになっていた、いわゆる大乘寺式の授戒会作法のことであると思われる。実際に、【(1)】で紹介をした通り、大虚禅師はご自身の授戒会作法に関する主張を、当時の関三刹などに送り、その履行を求めたことがあった(ただし、寺社奉行所により却下)。それがあってか、面山禅師も後に、授戒会作法についての批判を行った。具体的には、実世界の論文でも書きつつあ...面山瑞方禅師『傘松日記』に見える禅戒思想(2)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 菩薩戒授戒道場の功徳とは?
    2020/11/24 09:11
    菩薩戒授戒道場の功徳とは?

    最近、日本天台宗の五大院安然の『普通授菩薩戒広釈』を読んでいたところ、以下の一節を見出した。然るに其戒場は是れ国主、国人の大福田、仏子菩薩の菩提場、三世諸仏の得道の処、一切如来の所住地なり。故に『境界』に云はく、「若し四恩の為に道場を建立すれば国に七難無く万姓安楽なり。何を以ての故に、此道場の地は金剛際乃至微塵に至るまで皆国王に属す。此王曽此地に於て菩薩戒を受持すればなり」と。故に『賢聖伝』に云はく、「若し菩薩戒を受くる地は変じて金剛道場と成る。大劫三災の現ずる時にも此地を破壊すること能わず」と。安然『普通授菩薩戒広釈』、『国訳大蔵経』「宗典第一巻・天台宗」313頁これは、菩薩戒授戒道場の功徳を説いたところである。それで、国主・国人にとっての大福田というのは、わずかな善行が大きな功徳になるところという意味であり...菩薩戒授戒道場の功徳とは?

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 今日は勤労感謝の日(令和2年度版)
    2020/11/23 14:39
    今日は勤労感謝の日(令和2年度版)

    今日は勤労感謝の日である。仏教と勤労について調べていたら、少し面白い記事を見付けたので、引用しておきたい。或人、白隠禅師の法話を聞いて、白隠の隻手の声を聞くよりも両手を打つて商ひをすると歌つた。処が、白隠禅師は之に対へて、商ひを両手たゝいてするならば隻手の声を聞くに及ばずと返した。これは勤労即仏法の意味であつて、智覚大師が嘗てその坊主頭に手拭を鉢巻にし、鍬を取つて手づから畑を耕しながら、「是即ち仏法なり」と道破したのと同じ事である。「勤労即ち仏法」、酒井不二雄『動的人格の修養』(啓文社書店・大正10年)216~217頁これは、江戸時代の傑僧・白隠慧鶴禅師の「隻手の音声」を元に論じられたものであることは、一目瞭然である。なお、拙僧は白隠禅師のことを研究したことがないので、この一節が、実際に白隠禅師に於いて示された...今日は勤労感謝の日(令和2年度版)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 今日は良い夫婦の日(令和2年度版)
    2020/11/22 12:08
    今日は良い夫婦の日(令和2年度版)

    今日は、11月22日、語呂合わせで「良い夫婦の日」とのことである。毎年、この日には、関連する記事を書いているのだが、日本の仏教界にとって、結婚の問題は、明治時代以降の肉食妻帯令との関係で、浄土真宗以外の諸宗派でも僧侶が結婚するようになったという問題がある。それで、仏教会内部としても、賛否両論が存在しつつも、実際には結婚する僧侶は増えた。そのようなことを思いつつ、今回は生誕150年となる鈴木大拙居士(1870~1966)の随筆(手紙)から、僧侶の結婚の問題を見ておきたい。なお、典拠は大拙居士『禅:随筆』(大雄閣・昭和2年)である。実際を云ふと、僧侶の妻帯論などは時勢おくれで、現に十の九分九厘までは、妻帯して居るのであるから、こんな議論などしなくてもよいと、大抵の人は思うて居やう。「或る禅僧に与へて僧侶の妻帯を論ず...今日は良い夫婦の日(令和2年度版)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 今日は太祖降誕会(令和2年度版)
    2020/11/21 07:27
    今日は太祖降誕会(令和2年度版)

    今日11月21日は、曹洞宗の大本山總持寺を開かれた瑩山紹瑾禅師(1264~1325)のお誕生日とされ、太祖降誕会としてお祀りされている。改めて今日の記事では、瑩山禅師の行実を学び、顕彰してみたい。ところで、かつて瑩山禅師は文永5年(1268)10月8日にお生まれになったという説が主であったため、新暦に直した際に、11月21日という話になっていたが、現代は文永元年(1264)10月8日生まれということとなっている。つまり、4年ずれたわけで、その上で計算をし直すと、1264年11月5日(グレゴリオ暦で計算)となってしまう。この辺、少しく難しい話となっているが、とにかくズレてしまったのである。こういう難しい話はさておき、今日は或る資料の一節を学んでおきたい。四祖能州洞谷山永光寺〈開山〉紹瑾禅師〈大乗二世也、号を瑩山と...今日は太祖降誕会(令和2年度版)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • それで結局曹洞宗の在家信者が修行の時に付ける御袈裟とは?
    2020/11/20 09:13
    それで結局曹洞宗の在家信者が修行の時に付ける御袈裟とは?

    拙僧自身、良く分かっていないところでもあるので、今後の参究のことも考えて、記事にする次第である。なお、関連する記事としては、【宗門在家信者の服制について】や【俗人が出家の格好をすることは罪か?】などを書いたことがある。それで、これらの記事では書いていないことがある。それは、以下の一節についてである。有るが言わく、在家の受持する袈裟は、一に単縫と名づけ、二に俗服と名づく。乃ち未だ却刺して而の縫うことを用いざるなり。又た言わく、在家、道場に趣く時は、三法衣・楊枝・澡水・食器・坐具と具え、応に比丘の如く修行浄行すべし。古徳の相伝、かくのごとし。ただし、いま仏祖単伝しきたれるところ、国王・大臣・居士・士民にさづくる袈裟、みな却刺なり。廬行者、すでに仏袈裟を正伝せり、勝躅なり。『正法眼蔵』「袈裟功徳」巻そもそも、道元禅師...それで結局曹洞宗の在家信者が修行の時に付ける御袈裟とは?

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 布施の受け方に関する或る教えについて
    2020/11/19 10:58
    布施の受け方に関する或る教えについて

    以前、【無住道曉『沙石集』の紹介(14i)】という記事を書いた時に、『沙石集』の著者である無住道曉禅師が、以下のような言葉を記しておられた。南山の云はく、俗は信じて多く施せよ。僧は節して少なく取れ、と。『沙石集』巻十末之十一それで、今回検討したいのは、この一節の出典である。南山というのは、中国南山律宗の道宣律師(596~667)のことだと思われ、そうであれば著書も多く、どこかに見つかるだろうと思うのである。なお、上記の一節の意味するところは、布施に関する苦言で、世間の人は仏教を信じて多く施すべきであり、一方で出家者は身を慎んで少なく頂戴すべきだ、ということになる。無住禅師は、これについて、「今の世は、うちかへてこそ。されば、俗の心も僧の心も、律令にも背き、仏法にも合はずこそ覚ゆれ」と答えた。そこで、先行研究では...布施の受け方に関する或る教えについて

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 『梵網経』に於ける非随犯随制的性格について
    2020/11/18 09:45
    『梵網経』に於ける非随犯随制的性格について

    近年は、中国成立ということで学説的にも定まった『梵網経』ではあるが、それでも、本経に依拠した東アジア全般の菩薩戒実践は尽きることはあるまい。この辺は、そもそも大乗仏教自体がゴータマ=ブッダ直説ではなく、まさに、釈迦牟尼世尊が縦横無尽に説かれた真説として把握する信仰の上に成り立っている。拙僧自身も、研究者の端くれで、大乗仏教が後代の成立であることには何ら疑いを持っていない。だが、拙僧にとって、大乗仏教こそがブッダの真説である。この辺の「アイロニカルな没入」については、中々理解はされないが、拙僧自身が良ければそれで良いのである。さて、そういう中で『梵網経』に於ける「非随犯随制的性格」について考えてみたい。そもそも、「随犯随制」とは、仏教の戒律の性格を示したもので、ゴータマ=ブッダが教団内で問題が起きる度に、新たな戒...『梵網経』に於ける非随犯随制的性格について

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 法名と道号の話
    2020/11/17 09:58
    法名と道号の話

    以前、このことを記事に書いたことがあるような気がしていたのだが、まだだったようなので、記事にしておきたい。まずは、本文をご覧いただこうと思う。大衆、常に法名と道号と混ぜぬ訣を知るべし。法名は、最初に剃度の時、受業師の安ぜる名なり。道号は、年長けて、碩徳尊宿に安ぜられ、又は自ら所存ありて、号するもあり。上古は、ただ法名のみ。道号と云うことなし。徳の高きは、わきより法名をいわず。その住所を以て称す。青原和尚・石頭和尚・臨済和尚・徳山和尚・趙州和尚の類、みな山号寺号、その所の名なり。ゆえに自分よりは称せず。趙宋より禅林に庵堂の号始まると、『叢林盛事』に見ゆ。済下に祖心を晦堂、克文を雲庵、洞下に真歇を寂庵、智鑑を足庵と号せし類なり。この庵堂の道号は自称なれども、径山・天童の主人が、庵堂と云うは、皆な謙退の号なり。それも...法名と道号の話

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 三帰戒が無かった頃は二帰戒だった
    2020/11/16 06:30
    三帰戒が無かった頃は二帰戒だった

    ちょっと面白い一節を見出したので、採り上げておきたい。受け已りて、語りて言く、「汝等、当に、仏に帰依し、法に帰依すべし」と。即ち二自帰を受く。是れ人中の二賈客の為に、最初に二自帰を受く。『五分律』巻15「第三分初受戒法上」以上である。これは、釈尊が成道された後で、まだ弟子がいない状態で受けた布施についての話しである(『四分律』巻31にも同趣旨の文章あり)。よって、「仏・法」への帰依を促しているものの、「僧」がまだ無いのである。よって、「二自帰」としている。この件について、以下の記載もある。五分律に云く、初めて仏、成道して二賈客及び女人須闍陀、并びに五比丘の為に、皆な二帰縁を受く。未だ僧の有らざるが故に〈此れ小乗の別体住持三宝の説に就くなり〉。『釈氏要覧』巻上「二帰戒」項なお、『釈氏要覧』は、先に挙げた『五分律』...三帰戒が無かった頃は二帰戒だった

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 表札
    2020/11/16 00:36
    表札

    風水ついでに言うと、表札を家につけることは重要らしいです。表札がないとその家は空き家と見なされるそうです。特にナチュラル素材の木、あるいはステンレス製が良く、縦書き、木は一位というのが言いそうです。ドアの右側に付けるといいらしいです。日本だと当然表札のない家はないかもしれませんが、防犯上の理由でアメリカ人に名前を表に出しておく習慣はないと思います。が、最近アパート内でいつも人が勝手に入れ替わっていることを思うと、本当の防犯上は名前があった方が安全な気がします。と言ってもこちらにオーダーするところはないので、(漢字がいいそうです。) そして自分はアパート暮らしなので、自分でデザインしたものをデカ…

    Katie

    悪霊退治 -Great Future-

  • 「冬安居」雑考
    2020/11/15 10:28
    「冬安居」雑考

    以前から、【冬安居に関する諸問題】や【「冬安居」に関する雑感】という記事を書いているので、その続きのような内容だ。一応、現在の曹洞宗の年分行持からすると、11月15日から「冬安居」が始まり、明年2月15日まで続く。それで、ウチの宗派の両祖は鎌倉時代の祖師方であるが、お二人とも冬安居は否定されており、年分行持という観点では、行われた形跡は無い。ただし、冬場に何らかの安居というか、坐禅の生活はなさっておられたと思われるし、また、先行する臨済宗の栄西禅師『興禅護国論』は、「冬安居」について示している。ということで、今回もいくつかの文脈を見ながら、「冬安居」を考えてみたい。それで、まぁ、道元禅師が「冬安居」について、以下のような見解を出したことは、良く知られていると思う。永平道元和尚云く、梵網経中、冬安居の文有ると雖も...「冬安居」雑考

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • そもそも「戒名」という用語はいつから使われたのか?(13)
    2020/11/14 10:11
    そもそも「戒名」という用語はいつから使われたのか?(13)

    最近読んでいた本の中に、以下の一節を見出した。天台の場合、葬送作法を学ぶ時、『浅学教導集』を参考とする。この書は江戸時代の万治三(一六六〇)年、東叡山寛永寺の光憲によって編纂されたもので、特に龕前作法の妙文と年回法則等が収められている。一方、真言でもこれに類するものがほぼ同時期(引用者註:貞享3年[1686]とのこと)に『福田殖種纂要』として残されていて、この書には「戒名」についても述べられている。多田孝正氏『お位牌はどこから来たのか』(興山舎・2008年)60頁それで、多田先生のご指摘に導かれるようにして、まずは、これらの著作について閲覧可能か探してみた。・国立国会図書館デジタルコレクション『浅学教導集』金声堂・明治41年・国文学研究資料館データベース『福田殖種纂要』貞享3年版本(巻5を欠く)上記2本について...そもそも「戒名」という用語はいつから使われたのか?(13)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 「還俗(再)嗣法」の話
    2020/11/13 09:59
    「還俗(再)嗣法」の話

    余り良い記事では無いと思うし、色々な意見があると思うところだから、凄く反発を受けるかもしれない。とはいえ、何の立場とも関係ない、あくまでも拙僧個人の意見発信の場としての拙ブログであるから、好きに言わせて貰いたいと思う。今回の記事については、拙僧自身が思っていることを述べるだけなので、真偽については保証しない。用語としての「還俗(再)嗣法」だが、『曹洞宗宗制』にはもちろん載っていないことだし、おそらくは、学問的にも定義された用語ではない。近い言葉は、20年くらい前に一度、或る研究発表で使ったことがあるが、それが他の研究者に受け容れられた印象も無い。まぁ、大体はこの辺、避けて通るものだと思う。「還俗(再)嗣法」については、以下のような流れで理解されていると思う。①或る宗侶が既に嗣法を終えている。②その後、或る寺院の...「還俗(再)嗣法」の話

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 臥雲童龍禅師の尸羅会法語(2)
    2020/11/12 09:16
    臥雲童龍禅師の尸羅会法語(2)

    以前にアップした【戒量慧全禅師書写『室中法宝』写本について】の関係で、大本山永平寺60世・臥雲童龍禅師(1790~1870)に関する事跡について、中村泰心師・山内堯海師編『永平六十世臥雲童龍禅師遺稿(全)』(大正8年)を見ていたところ、8本の授戒会法語を確認出来た。ちょうど、江戸時代から明治時代へと日本が変わっていく状況で、授戒会で必要とされた思想も、どのように示されたのか、見ていきたい。今回は【(1)】に続いて2本目である。尸羅会仏界と魔界とを論ぜず、何ぞ又非情有情を分かたん、一戒光中法界を容れる、開筵し接取す尸羅場。『臥雲禅師遺稿』15丁表、訓読は拙僧内容としては、簡潔なものであるが、思想的には色々と深掘りしなくてはならないところである。まず、1・2句目は宗門で伝授される菩薩戒について、分別の生じない様子を...臥雲童龍禅師の尸羅会法語(2)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 「くつしたの日」と禅林について
    2020/11/11 08:44
    「くつしたの日」と禅林について

    今日11月11日は「くつしたの日」らしい。詳細は、以下のサイトをご覧いただくと良いと思う。・毎年11月11日は「くつしたの日」(日本靴下協会)上記の通り、日本靴下協会が1993年に制定したもので、靴下を2足並べた時の形が1111に見えることに由来するという。それで、くつしたと聞けば、我々禅門の坊主にも、一言言いたいことがある。それは、我々がくつしたを履いてきた歴史は長いからである。なお、現在、我々が用いる「くつした」については、「襪子」と「足袋」といわれるものがある。違いは、足先の形であり、とりあえずネット上から画像を見付けてきた。これは、井筒屋さんのサイトから参照したものであるが、上が襪子、下が足袋になる。それで、とても良く似たようなものではあるが、歴史的には存在してからの長さが違っている。実は、襪子について...「くつしたの日」と禅林について

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 深草元政・慧明院日灯『草山要路会註』「衣食第四」の参究
    2020/11/10 08:22
    深草元政・慧明院日灯『草山要路会註』「衣食第四」の参究

    今回採り上げる文献については、【深草元政・慧明院日灯『草山要路会註』「持戒第三」の参究】という記事を書いているので、それを参照していただきたい。端的にいえば、この文献は近世の日蓮宗に於ける規範的内容を持っている。今回は、「衣食第四」という項目を参究してみたい。叙に曰く、衣は以て形を蔽ひ食は以て命を支ふ。裸餒にして安からざるには、道法焉には在ん、身安ければ道隆んなりとは、斯の謂か、与只だ須く足るを知るべし、之を蜂の花を採るに但だ其味のみを取て、色香を損せざるに譬ふ。智者大師の曰く、衣法に三有り、一には雪山大士の如き、形を深谷に潜めて人間に遊ばず草を結で席と為し、鹿皮の衣を被て温厚を須めず、形を蔽へば、即ち足ぬ、是を上士と為すなり。二には迦葉の如き、常に頭陀法を行じ、但だ糞掃の三衣を畜へて、余長を畜へず、是を中士と...深草元政・慧明院日灯『草山要路会註』「衣食第四」の参究

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 月舟宗胡禅師の『瑩山清規』観について(2)
    2020/11/09 12:09
    月舟宗胡禅師の『瑩山清規』観について(2)

    これは、【(1)】の続きである。瑩山清規の刻成るに衆に示す〈二首の二〉祖祖の清規猜むべからず、事に大小無く安排を絶す、江湖の滴滴朝宗の水、尽く霊源高処自り来る。『月舟和尚遺録』下巻、『曹洞宗全書』「語録二」巻・29頁下段これは、加賀大乗寺26世・月舟宗胡禅師が延宝6年(1678)に『瑩山清規』の開版事業を行った際、その完成を期して詠まれた法語である。語録には2首収録されているが、今日は2首目を紹介したい。それで、意味としては、祖師方の清規には猜んではならないとした。この「猜」は訓ずれば「そねむ」の意味であるので、折角祖師方が残してくれた清規については、そねんだり、うらやんだりするのではなくて、ただ学ぶべきことを説いたといえようか。そこで、我々が修行すべきことには、大乗・小乗という違いは無く、その配置を絶している...月舟宗胡禅師の『瑩山清規』観について(2)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • ピラミッドパワー
    2020/11/09 07:50
    ピラミッドパワー

    が、すごく良く効いてる感じがします。例の霊能者さんの動画で。とにかく邪気がついてる気がする人は騙されたと思って見てください。自分はグラグラ揺れてます、これで。

    Katie

    悪霊退治 -Great Future-

  • 隠之道顕禅師「諸戒子に示す」偈参究(2)
    2020/11/08 08:59
    隠之道顕禅師「諸戒子に示す」偈参究(2)

    とりあえず、【(1)】の続きである。江戸時代中期の学僧・隠之道顕禅師(1663~1729、卍山道白禅師の資)は、卍山禅師の道業を受け嗣いで、多くの授戒会で戒師を務めたことで知られるが、その語録が何故か『曹洞宗全書』に入っていないこともあり、その思想の研究は限定的である(拙僧が実世界で書いた論文などはある)。それで、縁があったので拙僧も色々と調べているのだが、その語録には「諸戒子に示す」という偈頌が4首収録されているので、一つ一つ見ておきたい。仏祖親しく伝ふ心地の戒、無辺の功徳実に難思、寒温動静慚愧を知て、十二時中能く護持せよ。「諸戒子に示す〈四首の二〉」、『瑞光隠之和尚語録』巻11・42丁表、訓読は拙僧非常に分かりやすい偈頌であり、更に、これは受者の護持の仕方について論じていることが分かる。まず、仏祖が親しく伝...隠之道顕禅師「諸戒子に示す」偈参究(2)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 道元禅師に於ける「大戒」の表記について
    2020/11/07 11:48
    道元禅師に於ける「大戒」の表記について

    備忘録的な記事である。最近、「大戒」という言葉の意味について色々と考えていたのだが、肝心の道元禅師自身のことも書いておかなければならないと思い、記事にする次第である。拝して後、一両歩進み合掌問訊〈問訊は深かるべし〉して云く、「生死事大、無常迅速、伏して望むらくは和尚、大慈大悲、哀愍して仏祖の大戒を稟受することを聴許したまえ」。『仏祖正伝菩薩戒作法』「戒師請拝」まず、これが最も最初に示されたものだといえよう。『仏祖正伝菩薩戒作法』が、中国天童山で、如浄禅師から教わったものという仮定の上での話だが、ここで、「仏祖の大戒」という表現が見える。この場合の「大戒」の定義は分からないが、どちらにしても、「偉大なる戒」や「大乗戒」という意味が想定されよう。・夫れ諸仏の大戒は、諸仏の護持したもう所なり。仏仏の相授有り、祖祖の相...道元禅師に於ける「大戒」の表記について

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 面山瑞方禅師の「禅門戒」と「大戒」について
    2020/11/06 10:36
    面山瑞方禅師の「禅門戒」と「大戒」について

    色々と江戸時代の禅戒関係の文献を読んでいて、どうも、当時宗門には、「禅戒」という用語を推進する立場の人達と、それを批判する人達がいた印象がある。この辺、機会があれば、しっかりとした論文を書いてみたいと思うし、もしかしたら既に先行研究があるかもしれないが、まずは拙僧自身がまとめないとならないので、今日は以下の一節を学んでみたい。我が永平祖師の出家、初めて円頓戒を叡岳に受け、衣を更むの後、禅門戒を建仁の明全に受く。貞応中に入宋し、天童浄祖に見え、其の宗を面授し、復た仏祖正伝禅門大戒を受く。面山瑞方禅師『仏祖正伝大戒訣』「序」、『曹洞宗全書』「禅戒」巻・87頁下段、訓読は拙僧ここで、面山禅師の見解を見てみると、戒について名称を変えていることが分かる。それが、天台宗の「円頓戒」、そして臨済宗の「禅門戒」、そして宗門(曹...面山瑞方禅師の「禅門戒」と「大戒」について

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 曹洞宗の仏祖正伝大戒と円頓戒について
    2020/11/05 09:36
    曹洞宗の仏祖正伝大戒と円頓戒について

    とりあえず、以下の一節を見ておきたい。この戒は、今比の律僧等の解し様は、吾が勝手のよき様に注すれども、伝教大師・慈覚大師の円頓戒の趣きは、解し様格別なり、仏祖正伝の大戒は、円頓と同戒ゆへに、二大師の義を用取て解してよし。面山瑞方禅師『若州永福和尚説戒』巻坤「第六不説過戒」項江戸時代の曹洞宗では、宗門の戒(呼び方は、禅戒・大戒など)について、天台宗の円頓戒と同定させようとする流れがあり、上記一節などもその流れにある説戒だと理解すべきなのだろう。ところで、拙僧的に良く分からないのは、ここで面山禅師が指摘する「伝教大師・慈覚大師の円頓戒の趣き」についてである。これは、面山禅師の在世時ということも勘案すると、伝教大師最澄については『一心金剛戒体秘訣』辺りを典拠にしているのだろうか(なお、現代的な研究では、本書などは最澄...曹洞宗の仏祖正伝大戒と円頓戒について

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 『御遺言記録』に見る教授師の話
    2020/11/04 09:48
    『御遺言記録』に見る教授師の話

    備忘録的な記事である。とりあえず、以下の一節を見ていただきたい。受戒に戸を叩く事、九拝の事、後特に教授に対し拝する事。『御遺言記録』「受戒に戸を叩く」の意味は不明。ただし、現在の曹洞宗が行う授戒作法は、本堂に道場を作る場合が多いから、尚更に「戸を叩く」という行為は無い。しかし、道元禅師が本師・天童如浄禅師から受けた『仏祖正伝菩薩戒作法』であれば、当時の天童山の「寝堂(住持の拠室)」で行われたというので、もしかしたら、戸を叩いて室に入るという行為があったのかもしれないが、続く「九拝」のことを思うと、もしかすると、「戒師請拝」のことであるかもしれない。要するに、戒師(本師)に受戒を請する時に、部屋への入り方、或いは、受戒を願い出る場合の礼拝を指している可能性がある。そして、「特に教授に対し拝する事」とあるのは、戒師...『御遺言記録』に見る教授師の話

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 特に買いやすいものがハッキングされる。
    2020/11/04 00:02
    特に買いやすいものがハッキングされる。

    光明真言 マグカップ https://www.zazzle.co.jp/mantra_of_light_光明真言_ツートーンマグカップ-168002088460050980 例えばこのマグカップですが、昨日デザインしました。でも、私の店の中で、ホームの中のドリンクウエアをクリックしても出て来ません。他のタンブラーとか、ボトルとか全部です。見えるのはコースターだけですね。私が設定してないわけではありません。もっと酷いのは、一番買いやすいプラスチックのタンブラーは、このブログに載せた時は製造中止か品切れ状態になってました。今日見たら売りには出てるんです。やっぱり駄目なのはザズルそのものでしょうか?…

    Katie

    悪霊退治 -Great Future-

  • 11月2日 『正法眼蔵』「道得」巻を学んでみる
    2020/11/02 07:11
    11月2日 『正法眼蔵』「道得」巻を学んでみる

    とりあえず、今日、何故道元禅師の『正法眼蔵』「道得」巻を学んでみるかというと、以下の一節があるためである。同三年壬寅十一月二日、書写之。懐奘。『正法眼蔵』「道得」巻奥書要するに、同年10月5日に書き著されていた同巻について、懐奘禅師が11月2日に書写された、という話なのである。よって、今日は懐奘禅師の道業を讃歎しつつ、本巻を学んでみたい。>しかあれば、十年五載の在叢林、しばしば霜華を経歴するに、一生不離叢林の功夫辨道をおもふに、坐断せし兀坐は、いくばくの道得なり。不離叢林の経行坐臥、そこばくの無人喚作你唖漢なるべし。一生は所従来をしらずといへども、不離叢林ならしむれば不離叢林なり。一生と叢林の、いかなる通霄路かある。ただ兀坐を辨肯すべし、不道をいふことなかれ。不道は道得の頭正尾正なり。「道得」巻頭正尾正なり」と...11月2日『正法眼蔵』「道得」巻を学んでみる

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • バスルームセットとiPhone ケース
    2020/11/02 05:24
    バスルームセットとiPhone ケース

    光明真言 シャワーカーテン https://www.zazzle.co.jp/collections/mantra_of_light_光明真言-119220029268296733 これは自分でデザイン的にも気に入っている光明真言のシャワーカーテン、バスマット、そしてiPhoneやGalaxyのウォレットケースです。ケースはお名前もお入れ出来るようになってます。日本だとこういうカーテンは使うことはないですが、アメリカでは、必需品です。ザズルを続けるかの件ですが、ザズルが悪いのではなく、どこもかしこもハッキングしてくる奴らが悪いので(失礼)、取り敢えず、どこかで見ている神様や善霊達が突破点を開い…

    Katie

    悪霊退治 -Great Future-

  • 11月1日 開炉の日(令和2年度版)
    2020/11/01 09:39
    11月1日 開炉の日(令和2年度版)

    旧暦であれば10月1日に該当するが、今は11月1日に行われるのが「開炉」である。この場合の「炉」というのは、今風にいえばストーブのことであり、僧堂など主要伽藍にストーブが置かれ、開始されるようになるのが、「開炉」である。古来から、「開炉」という行い自体が禅に於ける師資の投機の機縁となり、様々に問答された。開爐の上堂。大衆を召して円相を打して云く、箇の是れ天童の火炉。近前すれば則ち焼殺し、退後すれば則ち凍殺す。忽ちに箇の漢有りて、出で来たって道合す、作麼生。㘞、火炉の動なり。『如浄禅師語録』巻下これは、道元禅師の本師、天童如浄禅師(1162~1227)の語録から引用したものである。残念ながら上堂の時期は分かっていない。ただし、天童山で行われたものであり、おそらくは道元禅師ご自身も聞かれたものであると思われる。内容...11月1日開炉の日(令和2年度版)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 南瓜に関する雑文(令和2年度ハロウィン)
    2020/10/31 07:20
    南瓜に関する雑文(令和2年度ハロウィン)

    何故、ハロウィンに南瓜(カボチャ)なのかな?と思うと、それは、いわゆる「ジャック・オー・ランタン」に関連がある。ハロウィンの時のお化けとして位置付けられているが、実際には、死んでもこの世界から離れることが出来なかった悪人の魂が、「カブ」に宿ったものという設定だったらしい。そのカブがアメリカでは一般的ではなかったので、オレンジ色のカボチャで代用したというのが、いわゆる「ハロウィンのカボチャ」になる。ところで、拙僧的に気になったのは、確かに「ハロウィンのカボチャ」はオレンジ色であるが、我々が普通に食べるカボチャの表面は、濃い緑色である。この違いはどの辺に由来するのか?それで、カボチャについて調べてみると、我々が普段食べているカボチャは、セイヨウカボチャ(栗カボチャ)或いはニホンカボチャというものだそうだが、両方とも...南瓜に関する雑文(令和2年度ハロウィン)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 戒定慧(其の三)(指月慧印禅師『荒田随筆』参究20)
    2020/10/30 10:04
    戒定慧(其の三)(指月慧印禅師『荒田随筆』参究20)

    江戸時代の洞門が輩出した学僧・指月慧印禅師の主著である『荒田随筆』を学ぶ連載記事であるが、今は「戒定慧」という一章を学んでいる。早速、本文を見ておきたい。蓋し物有れば戒有り。機に随って数を成す。故に其の幾許戒の以て数を定べき無し。其の数の比を言う時は、則ち之を刹界の微塵に諭し、得て尽すべからず。其の尽すべからざるの数、之を一塵に具したり。彼の微塵の如き、衆生、自知せず。法王、之を破し其の具有を見せしむ。是れ一の心地なりと雖も、解惑に軽重有り。種の熟脱に遅速を致す。況んや又た心地の功徳無窮なる。事の多少と共に律儀の種類、何ぞ但だ今、議する所の如くのみならん哉。猶お四時・五運・節侯、期の日条分すれども其の情は唯二儀、二儀は本、一年の始終、平分する者の如し。是の故に其の立つる所の数に随って、其の余も互に収め尽しぬ。希...戒定慧(其の三)(指月慧印禅師『荒田随筆』参究20)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 雑 第二十五 其18(富永仲基『出定後語』を学ぶ45)
    2020/10/29 09:15
    雑 第二十五 其18(富永仲基『出定後語』を学ぶ45)

    ここ1年以上にわたって、最後の一章「雑」を採り上げている。本章は「雑」の字の通りで、他に一章を立てるほどが無い程度の内容でもって、様々な事柄を富永仲基が論じたものである。本当に種々雑多な内容だが、見ていると20前後の節に分けられそうなので、一つ一つ見ていきたいと思う。道生法師、法顕所翻の泥洹経に、「一闡提を除いて皆な仏性有り」と云ふを見て云く、「闡提は含生の類、何ぞ独り仏性無きを得ん」と。後に、大経の至るに及んで、聖行品に云く、「一闡提の人、復た善を断つと雖も、猶お仏性有り」と。是に於いてか、諸師、皆な為に婍服す。余、謂へらく、一闡提、本と仏性無き者、故に一闡提と為せり。然るに極悪の者、亦た豈に廻心すべからざらんや。廻心、己に由る、人に由るに非ざるなり。仏性の種子、実に此に在り、何ぞ仏性無しと謂はん。是れ言の類...雑第二十五其18(富永仲基『出定後語』を学ぶ45)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 10月5日 達磨忌(令和2年度版)
    2020/10/28 08:01
    10月5日 達磨忌(令和2年度版)

    今日は震旦初祖円覚大師菩提達磨大和尚の忌日である。何故この日が達磨忌に当たるかは、以下の一節をご覧いただきたい。遂にこれを復救せざるに、端居して逝く。即ち後魏の孝明帝、太和十九年丙辰十月五日なり。『景徳伝灯録』巻3「菩提達磨尊者章」この太和十九年とは、西暦495年のことである。それで、日本の曹洞宗で最初に行われた達磨忌であるが、清規上は以下の記述が知られている。十月五日達磨忌、公界、力に随って弁供す。伝供し焼香礼拝す。主人跪炉し、維那宣疏して云く・・・『瑩山清規』「年中行事」以上の通り、瑩山禅師の頃には清規に載っているので、おそらくは行われていたと思うのだが、瑩山禅師御自身には上堂語などの記録に残らず、ほぼ同時代の永平寺5世・義雲禅師の語録にも、「断臂上堂」はあるのに、達磨忌は無い。それで、見た限り古いのは、總...10月5日達磨忌(令和2年度版)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 第十条・聴着木蘭条(『僧尼令』を学ぶ・10)
    2020/10/27 09:30
    第十条・聴着木蘭条(『僧尼令』を学ぶ・10)

    連載は10回目となる。『養老律令』に収録されている『僧尼令』の本文を見ているが、『僧尼令』は全27条あって、1条ごとに見ていくこととした。まずは、訓読文を挙げて、その後に拙僧なりの解説を付してみたい。なお、釈雲照補注『僧尼令』も参考にすることとしたい。凡そ僧尼、木蘭・青碧・皂・黄、及び壊色等の衣を着ることを聴す。余の色、及び綾・羅・錦・綺は、並に服用することを得ざれ。違えば各十日苦使。輙く俗衣着けたらば、百日苦使。『日本思想大系3』218~219頁を参照して、訓読は拙僧要するに、御袈裟の色に関する規定である。既に、拙ブログをご覧の皆さまは、「袈裟」という言葉が、「壊色(混濁した色)」を意味する「カーシャーヤ(kāṣāya)」を元にしたものであるとは理解されていると思う。よって、本条では僧尼に対して、定められた御...第十条・聴着木蘭条(『僧尼令』を学ぶ・10)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 御袈裟に関するシステム論的考察
    2020/10/26 12:28
    御袈裟に関するシステム論的考察

    以前、一度【御袈裟に関するちょっとした考察】という記事を書いて、仏教に於ける袈裟、就中我ら曹洞宗に関する袈裟のあり方を考えてみた。今回の記事は、その続編になる。宗我見かもしれないという危惧を抱きつつ申し上げるが、正直、仏教徒の衣服である「袈裟」について、あそこまで思想的に突き詰めたのは、永平寺御開山で曹洞宗の高祖である道元禅師だけだったのではないかと思っている。そして、道元禅師のおかげで、その後の宗門の祖師方も、やはり御袈裟について、独自の思想的発展を見せた。これは、規則を厳密に守られねばならない律宗以外では珍しいと(独断的に)思っている。道元禅師の『正法眼蔵』には、御袈裟の重要性について書かれた「伝衣」「袈裟功徳」という両巻がある。その両巻は当然に参照しつつも、ここではむしろ「衣服」「制服」という機能性から考...御袈裟に関するシステム論的考察

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 南無妙法蓮華経
    2020/10/26 03:24
    南無妙法蓮華経

    自分の怒りを鎮めるために、心の中で唱えてます。自分の勝手な感覚では、南無妙法蓮華経は生霊に効き、南無阿弥陀仏は死霊に効くと感じてます。本当かどうかは分からないので、どなたかご存知字の方は教えてください。。。まだコメントをもらったことがないので、どれだけの人が読めてるか分かりませんが。最近南無阿弥陀仏しか効かなくなってきたので、自分の周りの悪霊は生霊だらけになってるのか、死霊は去ってしまったのか、どちらかかもしれません。 https://www.zazzle.co.jp/南無妙法蓮華経_ipad_smart_cover_ipad_proカバー-256225178320388757 南無妙法蓮華経…

    Katie

    悪霊退治 -Great Future-

  • 『曹洞宗檀信徒必携』を一読してみた
    2020/10/25 11:12
    『曹洞宗檀信徒必携』を一読してみた

    曹洞宗には、檀信徒の皆様の素朴な疑問にお答えするための『曹洞宗檀信徒必携(以下、『必携』と略記)』という書籍がある。平成19年に改訂されたものが拙僧の手元にあるが、一読してみると、良い意味での疑問が沢山出てきたので、なかなか面白い。そこで、読んで出てきた思いを、自問自答の形で記事にしてみようと思う。①「仏教とは何か」項目同書籍の前半に、「仏教とは何か」という項目が挙げられているが、これが何故か、極めて中立的に書かれていたりする。まず、実際の釈迦牟尼仏について伝記が書かれている。実際のところであれば、禅宗なら「拈華微笑話」とか、或いは諸大乗経典の影響を受けた記述があっても良さそうなものなのに、そういう記述が無く、それどころか「原始仏典にくわしく記されています」(22頁)と書かれるなど、正確な仏陀像の理解を促してい...『曹洞宗檀信徒必携』を一読してみた

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 文鎮
    2020/10/25 07:34
    文鎮

    風林火山 ペーパーウェイト https://www.zazzle.co.jp/風林火山_ペーパーウェイト-256291893733500866 一応アメリカの会社発なので、ペーパーウェイトと呼んでいますが、私達日本人には文鎮と言った方が分かり易いと思います。ガラスで出来ていて、お名前も漢字でお入れ出来ます。他にも幾つかお坊様用にデザインしたものがありますので、興味のある方は是非ご覧ください。

    Katie

    悪霊退治 -Great Future-

  • 絡子説法
    2020/10/24 09:32
    絡子説法

    何年も前のこと、夏のお盆で関西の方で棚経していた時、某私鉄の某駅にて電車待ちをしていたところ、お孫さんを連れたとおぼしき男性と、少年から質問を頂戴した。内容は、要するに拙僧が身に着けている「コレ」は一体何か?ということであった。・絡子の画像―グーグル検索「コレ」は、知っている人は知っているでしょうが、我々の中では「絡子(らくす)」或いは「掛絡(から)」などと呼ばれているものである。一般的には五条袈裟を小さくして簡略化した物とされ、諸方への行脚や作務などをする際に用いられる。まぁ、その場でそのお二人には、「「袈裟」といって、僧侶であれば誰しも身に着ける物であり、仏様の智慧をいただくものですよ」といった極めて抽象的な答えをしておいた。で、今回記事にしてみようというわけだが、そもそも「五条袈裟」については、道元禅師が...絡子説法

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 顔変えられてます。
    2020/10/24 03:13
    顔変えられてます。

    自分のオンラインのアカウントの顔も大体変えられていると思います。例えばザズルの自分の店を弟に見てみてって言ったら、顔が随分変わったね、と言われました。私が載せてるのはライオンの絵だけなのに、です。ですから写真が載っているのは基本偽物だと思ってください。自分のブログもライオンの絵だけですから。。。写真が載っているのはハッキングされたアカウントだけです。その後弟に何のことと聞いても返事がありません。私か彼のメールもブロックされているのでしょう。ちなみにスカイプのアカウントもハッキングされて、自分のアカウントでお金も入っているのに、ログイン出来なくなりました。カスタマーサービスもログインしないと連絡…

    Katie

    悪霊退治 -Great Future-

  • 世間の善悪と仏道の善悪
    2020/10/23 08:47
    世間の善悪と仏道の善悪

    以前、【世間の罪人と仏教徒の罪人】という記事を書いたが、その続編に位置する記事である。前回は、世間一般に於ける「罪人」と、仏教に於ける「犯戒」の差異について考えてみた。若干テクニカルな議論だったかと、反省もあるが必要な考察だったといえよう。それでは、もうちょっと分かりやすく、世間と仏道の善悪について、その違いを考えてみたい。諸悪は、此界の悪と他界の悪と同・不同あり、先時と後時と同・不同あり、天上の悪と人間の悪と同・不同なり。いはんや仏道と世間と、道悪・道善・道無記、はるかに殊異あり。善悪は時なり、時は善悪にあらず。善悪は法なり、法は善悪にあらず。法等・悪等なり、法等・善等なり。『正法眼蔵』「諸悪莫作」巻道元禅師は端的に、「いはんや仏道と世間と、道悪・道善・道無記、はるかに殊異あり」と仰っておられる。これは、仏道...世間の善悪と仏道の善悪

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • サイキックアタック 2
    2020/10/23 03:41
    サイキックアタック 2

    自分にどうやって誰かがサイキックアタックをしているかというと、ちょっと気になることがあります。まず、アタックの内容としては、体の筋肉のひねり収縮、蜂に刺されたような痛み(跡は何もないです。)虫にさされたような痒み(こちらはバッチリ蚊かもっとタチの悪い虫ににさされた跡になってます、違うのはその原因になる虫がさされた時に見えていないことです。ただし黒い影が飛んでます。😨)、そして咳が出るように喉に突然来る異変、(風邪引いてません。) そして、異臭です。 何が気になるかというと、というか怪しいと思っているのは、私は窓が一つしかない部屋にいるのですが、3階なのに、虫がいつも窓に張り付いていたり、(文字…

    Katie

    悪霊退治 -Great Future-

  • 曹洞宗に於ける「放生会」に見える「授三帰」について
    2020/10/22 15:00
    曹洞宗に於ける「放生会」に見える「授三帰」について

    供養のために、捕らえた生き物を池や野に放す法会を「放生会」という。曹洞宗では「梵網経、金光明経に基く」(『行持軌範』「放生会法」項)とあって、特に『金光明経』巻4「流水長者子品第十六」における宝勝如来と十二因縁によって鳥や魚が天上界に生まれ変わったという説が典拠となっている。曹洞宗に於ける「放生会」は、以下の経緯で成立した。洞下に古来より法式なし、余壮年の比、教家の碩徳に伝授する作法あり、別行に印版して補す。面山瑞方禅師『洞上僧堂清規行法鈔』巻5「別行法式十八条・放生式」項以上のように、江戸時代の学僧・面山禅師がご自身伝授された作法を刊行したというが、拙僧は未見である。なお、面山禅師が遷化される直前となる明和6年9月11日に「放生会を行ず、魚鳥の為に十二因縁を演説す、真俗の聞に預かる者若干」(『面山広録』巻26...曹洞宗に於ける「放生会」に見える「授三帰」について

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • ウォーターボトル
    2020/10/22 00:10
    ウォーターボトル

    昨日の続きでウォーターボトルを作ってみました。 般若心経 ウォーターボトル https://www.zazzle.co.jp/heart_sutra_般若心経_ウォーターボトル-256138166154574931 こちらのお品は日本でもアメリカでも購入可能で、ボトルの色は黒、白、赤、青、緑という選択もございます。 光明真言 ウォーターボトル https://www.zazzle.com/mantra_of_light_光明真言_thermal_tumbler-256677350411247681 こちらはアメリカのサイトにしかありませんが、発注出来るのが、いつになるか分からない状態だそうです…

    Katie

    悪霊退治 -Great Future-

  • 昨日は峨山韶碩禅師忌だった(令和2年度版)
    2020/10/21 10:57
    昨日は峨山韶碩禅師忌だった(令和2年度版)

    実は、昨日、途中まで準備していたのだが、朝から色々とあったので、結局以前に書いておいた記事を挙げただけであった。そこで、1日遅れではあるが、以下のような記事を書いておきたい。洞谷第四祖大雄菴開基總持二世峩山和尚伝峩山和尚、諱は紹碩。能州瓜生田邑の人、岡部氏六弥太の後胤なり。母、藤原氏、一日文殊大士に聖児を生むことを祈る。夜に、利剣を呑むを夢みる、便ち懐妊す。出誕後、其の英敏たること群童に類せず、其の貌、雄偉なり。十六歳の時、台山に薙染し、深く教乗を究む。後に瑩山和尚を加州大乗に謁し、便ち衣を更えて参侍し、歳を歴る。師、一日、打坐す。瑾公、師の耳畔に於いて弾指すること一下す。師、忽然として大悟す。一日、瑾公問うて曰く、石の蛇を胎する時、如何。師云く、将謂すらくは石の蛇を胎す。今日、見来す蛇の石を胎するを〈洞谷の旧...昨日は峨山韶碩禅師忌だった(令和2年度版)

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 龍神様の波動水
    2020/10/20 22:36
    龍神様の波動水

    最初のブログで紹介した霊能力者の方のビデオの一つに、普通の水を龍神様の波動水に変えるというものがあります。本当に変わるからどうか試してみたところ、普通よりも美味しい硬い水に変わりました! 本当に美味しくて喜んでいたのですが、私の周りには悪い霊もいっぱいいるので、あっという間に軟らかい水に変えられてしまいました。どちらがそうか分からないところがトリッキーなんですが、最初の水が本当に良かったので、効くんだと思います。が、このビデオリンクを載せた瞬間、カーソルの位置が変えられて書き続けられなくなったので、相当悪霊達は困ることなのかもしれません。。。 youtu.be

    Katie

    悪霊退治 -Great Future-

  • 単草履と拙僧
    2020/10/20 09:40
    単草履と拙僧

    単草履という履き物がある。我々曹洞宗では一部の僧堂(修行道場)で採用している履き物だ。で、ネット上で画像を検索したのだが中々見付からない。よって、画像は拙僧のをアップする(もう10年以上履いているので、古く、見た目がアレなのはご勘弁願いたい)として、この草履に関する拙僧の感想を申し上げたい。まぁ、もう履き始めて25年以上にはなってしまうのだが、とても有り難く思っているのである。理由として、拙僧は、いわゆるスリッパが苦手だ。何故ならば、拙僧の足は、「甲高」だからである。足の甲が高いため、スリッパを履いていても、非常に脱げやすい。拙僧は、スリッパが苦手なことを、結構子供の頃から自覚していたのだが、こんな変なことを誰にも話すことが出来ずに、ただ自分でおかしいな?もしかして、どこかおかしいのかな?とか思っていたのだが、...単草履と拙僧

    tenjin95

    つらつら日暮らし

  • 般若心経ブランケット
    2020/10/20 00:56
    般若心経ブランケット

    https://www.zazzle.co.jp/heart_sutra_般若心経_シェルパブランケット-256371867001894283 昨日お話しした通り、寝具を制作してみました。が、日本サイトでは無茶苦茶高くなっていてビックリしました。ブログにいくつかアップしていますが、閲覧数もゼロのままで、皆さんが購入してくださっても、わたしには売り上げが全く入ってこないと思っています。というか入ってきたことがありません。paypalが私の以前のアカウントをきちんとクローズした気がしないので、お金は私自身はクローズしたはずのアカウントでハッカーに流れていると思ってますがzazzleもPaypalも…

    Katie

    悪霊退治 -Great Future-

  • 俗人が出家の格好をすることは罪か?
    2020/10/19 06:26
    俗人が出家の格好をすることは罪か?

    ちょっと気になる一節を見付けたので、採り上げておきたい。当時、俗人の法衣を着し、出家の俗形を現ずること有る、其の義如何。更に得心せず、其の意尤も然るべからざる事歟。但、先づ俗人の法衣を着する、在家の婆羅門、酒に酔て僧の真似をしたりし功徳に依て、仏を見奉事を得て蓮華色女が戯れに、尼の袈裟を掛たりし縁に依て仏法を聞事得と云へば、若逆縁とや成侍らんなれ共、猶仏法を軽くし法衣を垢す罪深かるべし。何に況や出家の俗形をや。孝経に賤きが貴服を服する、之を僭上と謂、不忠と為す。貴が賤き服を服する、之を偪下と謂、失位と為すと云へり。俗の上に猶、其の位に非ざる服を誡む、況や一度仏弟子に成は、仮にも俗衣を着事内外の道理に背く上は冥の照覧尤も畏るべし謹むべし。其上近比清水寺等、所々の制札に俗人之僧形・出家之俗形と侍れば、世以て誡る事如...俗人が出家の格好をすることは罪か?

    tenjin95

    つらつら日暮らし

カテゴリー一覧
商用