TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

元ひきこもり 新着記事

NEW POST help
  • 体重は増えた。だがしかし,貯金は減ったwwwww。

    何か,太ったwwww。 ズボンのウエストがキツい。 このキツさに負けて,ワンサイズ上のズボンに買い直したら,負けだと思っているので,頑張ってウエストを絞ります。 学校のある日は,基本的に一日一食(間食でプロテインは飲みます)なので,一日の食事量はそんなに多くないとは思うんですよねぃ。 一日一食なのに,体重が増えるってことは,考えようによっては,食事のコスパがよいとも言えます。 秋冬は,進化論的,生物学的に太りやすい季節だから…ってことにしておきますwwww。 また資格関係で,手痛い出費がございます。 ・第三種冷凍責任者の講習代:16400円 ・二級ボイラー技士の受験料:6800円 ビル管理の職…

    猫太郎

    はやく真人間になりたいよぅ(仮)

    読者になる
  • なんでこんなことになってんだろう…

    ひとりで生きていくことになって、なんでこんなことになってんだろうとふと思う心境を書いています。

    けいとだま

    元引きこもり主婦の奮闘記~夫が腹膜偽粘液腫を発症してからの日々~

    読者になる
  • 入院が決まったらやること!ソーシャルワーカーですから。

      皆さま、こんにちは。みなとです。 ほい、ほ~い今日は、入院が決まってからやったことをここに記していきます。  ほら、職業はソーシャルワーカーですから。自分…

    湊 明乃

    〜不登校・ひきこもり・セクシュアルマイノリティ支援〜

    読者になる
  • 母の誕生日を絶対に覚えられない私のトラウマ。

    母以外の家族の誕生日は把握しているけど、アラフォーになった今でも母の誕生日を覚えることができない。頭が拒否してる。 母にプレゼントすることにトラウマがあるからだと思う。 生花をあげれば「こんなのゴミになるのに。」 鉢植えの花をあげれば「これ誰が育てるわけ?」 エプロンをあげれば怒りの表情で「もっと働けって事?」だからもう何もあげないことにした。そうすると自然と、誕生日に家族間でプレゼントを贈る風習がなくなった。そういうスタイルに落ち着いたから、それはそれでいいんだと思う。何が欲しい?とか聞けばよかったんだろうけど、子どもだったからなぁwいや、でも聞いて選んでた気もしないでもないんだけど…?母は…

    マダム猫しゃもじ

    元ひきこもりの雑記 ワタシ ニッキ カク

    読者になる
  • 夫亡き後義実家の近くに住む不安~勢いでアパート決めたけど…

    勢いでアパートを決めてきたけど、夫亡き後に義実家の近くに住むことへの不安を書いています。

    けいとだま

    元引きこもり主婦の奮闘記~夫が腹膜偽粘液腫を発症してからの日々~

    読者になる
  • 脳動脈瘤の手術をします。←いま、ここ。

    ほいほい、ほーい。続けます。これが最後。みなとです。脳神経外科に自分が受診する日がくるなんて、いやもう少し人生重ねたらあるかもしれんけど、この歳で…。9時の予…

    湊 明乃

    〜不登校・ひきこもり・セクシュアルマイノリティ支援〜

    読者になる
  • 自分って死んじゃうの?2020年振返り11月編

    ほい、ほい。続けまーす。みなとです。11月14日土曜日、嫁も一緒にMRIの検査結果を聞きに行きました。午後からは大学院のzoom授業が控えていたから、サクッと…

    湊 明乃

    〜不登校・ひきこもり・セクシュアルマイノリティ支援〜

    読者になる
  • 物理空間のコスパって,悪いよね

    二級ボイラー技士の受験申込み期間が近づいているので,ざっくりですが,申請書を作成しました。 申請方法が昭和すぎて,かなり面倒臭いです。 ざっくり言うと,完全にすべてがオフラインによる手続きです。 申請書の取寄せも,受験の申込みも,受験料の入金も,オンラインでできる手続きが一つもありません。 行政絡みで,何かしらの手続きをする場合,違和感を感じてしまいます。 物理空間を人間が移動することのコストを考えてもらいたいです。 datsuhiki.com 職業訓練校のカリキュラムにも無駄が多いですし,コスパの悪さが半端ないです。 職業訓練を,世の中の不条理に慣れ,硬直化した制度をしなやかにかいくぐるため…

    猫太郎

    はやく真人間になりたいよぅ(仮)

    読者になる
  • コンタクトと隠しごと~ちゃんと夫の顔を見て話してたかな…

    コンタクトやメガネをかけてしっかり夫の顔を見ていたら隠しごとも見ぬけたかもしれないという話を書いています。

    けいとだま

    元引きこもり主婦の奮闘記~夫が腹膜偽粘液腫を発症してからの日々~

    読者になる

「メンタルヘルスブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)