TOPICS
  • 否定される関係性と支配される関係性

    これもSMARPPで習いました、日常での否定される関係性とは経験から言うと、実の母親に幼い頃とか、何になりたい~とか言うと、又そんな事ばかり言って~とか、やたら、言われてました、他の家族の子供を引き合いに出して、何々ちゃんは良いわね~とか、それは結婚してからも続き、更に元旦...

    NICO

    女性NICOの薬物依存症の回復への長い道のり

    読者になる
  • 読者になる
  • 公認心理師のいざわと名乗れるようになりました♥

     にほんブログ村 公認心理師の伊澤奈美江ですアディクションのことを色々書いてます。今日、9月に合格した公認心理師の登録証が届きました。うれしい〜〜試験に受かっ…

    精神保健福祉士 いざわなみえ

    依存症の正しい知識を伝えます

    読者になる
  • プログラムの選択肢

    薬物地獄から、やーっと治療に繋がるまで何年かかったか、最初はこれで助かる、普通の生活に戻れると甘く見てましたが、そっからが長い!回復の道が!依存症回復施設、中間施設、ダルク、自助グループ、SMARPP、途中、もうやってらんないと、周りの反対押しきってバイトなどしましたが、や...

    NICO

    女性NICOの薬物依存症の回復への長い道のり

    読者になる
  • 許す

    「許す」 通っている自助グループの昨夜の分かち合いのテーマが、「許す」 これ、けっこう難しい。 ほんの些細なことがトリガーとなり「怒り」が、マックス状態となり相手を攻撃し裁きまくります。 良い人と見ら

    anonymous

    Not alone.

    読者になる
  • 読者になる
  • ずっと生きてられると思っていた

    あの頃困ったことが次々と起きて悩んでいた頃能力ない根性もない自分が嫌いだった頃長い舗装された坂道を自転車で駆け下りたことがある誰もいないみちペダルを踏むごとに…

    HANAKOSOS

    雲のゆくえ

    読者になる
  • 否認をしない?愛着障害とアルコール問題・野口先生のお話から

     にほんブログ村 本日2度目の登場、PSWのいざわなみえです。アディクションのことを色々書いてます。 さっきの記事をあげてから、家族に夕飯食べさせて、食器の後…

    精神保健福祉士 いざわなみえ

    依存症の正しい知識を伝えます

    読者になる
  • アルコール問題と愛着障害・あさくさばしファミリーカウンセリングルーム野口先生のお話

     にほんブログ村 PSWのいざわなみえです。アディクションのことを色々書いてます。 延び延びになっていた,あさくさばしファミリーカウンセリングルーム野口先生の…

    精神保健福祉士 いざわなみえ

    依存症の正しい知識を伝えます

    読者になる
  • 少しだけ1人の時間を…

    こんにちは 11時半からのSちゃんの休憩には起きようと思ってたのですが、アラーム無視して寝過ごしました…。 なんとか起きてSちゃんの休憩時間を一緒に過ごし、そ…

    桜空(はる)

    はるらんまん

    読者になる
  • 心の準備期間

    先週の中頃から、推定16歳の我が家の坊ちゃん(ミニチュアダックス・元保護犬)が立てなくなってしまった。その前から食欲も落ちていて、ハングリーモンスターの称号も今は風前や灯火。病院で診てもらい、食欲は復活したけれど、4本の足はどんどん力を失っ

    anonymous

    Not alone.

    読者になる
  • 「なぜふつうに食べられないのか」 磯野真穂

    なぜふつうに食べられないのか: 拒食と過食の文化人類学 作者: 磯野真穂 出版社/メーカー: 春秋社 発売日: 2015/01/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る 文化人類学なので、どうしたら治るかという趣旨ではありません。 摂食障害という病気を本人、医療者、海外で、どう捉えられているかなどの研究です。 第3部では、当事者から過食時の体験を詳細に聞き取った内容から構成されています。 (ここから本と離れます) 症状まっさかりの人の場合、食にまつわる行動について微に入り細に入り語るのはどうなのかと思っていましたが、統合失調症へのオープンダイアローグの効果が注目されてい…

    摂食障害当事者研究会-はてな

    読者になる
  • AC アダルトチルドレン

    この言葉は薬物依存症になって初めて耳にしました、薬物依存症者は昔両親がアルコール依存症でケンカが絶えなかったとか、虐待されていたとか、家族間で様々な問題を抱えた人が多い、愛情を受けた事がない、そしてアダルトチルドレンになってしまう、切ない話です。更にその家族間の辛さから薬物...

    NICO

    女性NICOの薬物依存症の回復への長い道のり

    読者になる
  • 目標はブタ卒業

    こんばんは  お煎餅を🍘を食べ過ぎて浮腫みまくってましたが、やっと塩気が抜けた(?)のか、浮腫みも治まって来ました。これで象からは脱したと思います。 後はブ…

    桜空(はる)

    はるらんまん

    読者になる
  • アニメ鑑賞中~鬼滅の刃~

    こんばんは 興味はあったし、評判も良かったのに、最初何話か見逃した為に先送りになってた作品。 鬼滅の刃 やっと見始めました~ 開始15分程で 面白い…何で先送…

    桜空(はる)

    はるらんまん

    読者になる
  • 「食を拒む・食に溺れる心」Ⅱ 香山雪彦

    食を拒む・食に溺れる心〈2〉生きづらさと依存からの回復 作者: 香山雪彦 出版社/メーカー: 思想の科学社 発売日: 2019/05/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 先日の日本摂食障害学会で、特に発言に感心を惹かれたのが香山雪彦先生でした。 発表ではなく質疑応答の場面でしたが、2度の発言を聞いて自助グループに長年関わっている専門家ならではの内容でした。診察室だけではない摂食障害者のその後の姿までみているからだろうと思われるものでした。 この病気になるのは本人の資質だけでなく、家族や社会・時代の雰囲気まで様々な影響があり、環境の変化でよくなることもあるけれど、結局は困ってい…

    摂食障害当事者研究会-はてな

    読者になる

「メンタルヘルスブログ」 カテゴリー一覧