心身症・不登校 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/07/29 01:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
kmさん
  • 情報提供不登校の理由はクラスカースト最下位で学校に馴染めなかったから 青い鳥の住む家kmさんのプロフィール
  • 私が不登校になったのは中学2年の秋でした。不登校になった原因は、教師やクラスメイト達と馴染めないことでした。クラスでカーストがあるとしたのなら私は当然最下位だったと思います。性格は無口で美術部。物分かりも悪い。何か言おうものなら、どうやら私はとんちんかんなことを言っているらしい。クラスメイト達はそんな私にわざとらしく親しげに話しかけて(教師への隠蔽工作)「うちら友達だよね〜」と親しくもないのに友達ア

2位
琥河さん
  • 情報提供不登校になったら、学校側からの資料は無い。そして、言う事が違ったりする。 不登校児の母:琥河のブログ琥河さんのプロフィール
  • そして、そんな滅茶苦茶はわが家が在籍していた高校だけで 他校は違うかもしれませんが・・・。入学の際・そして何かにつけてはしおりやらマニュアルやらプリントやらを、学校側は大量に手渡すけれど、不登校になったら紙一枚、ちゃんとした説明が無いんですよね。学校が保護者や本人に渡す資料が無いと言うだけでなく、学校側にも統一されたペーパーが無いみたいでした。スクールカウンセラー・校医・保健室と3箇所と関わるのも

3位
kmさん
  • 情報提供不登校になった理由から対応を考える 青い鳥の住む家kmさんのプロフィール
  • 子供が不登校になった原因に学業不振があり、不登校の原因のうちの8.9%を占めています。成績が思っていたより伸びなかったり、勉強が難しくてついていけない理由から授業や試験が辛くなり学校に行かなくなります。対策は学力を上げる事であるが、小学生であれば家庭で親が教師の代わりをする事が出来ます。子供の興味のある事や、好きな教科を中心にして勉強を進めていくと良いです。こんな問題も分からないのと叱ってしまうと、
4位 琥河さん
  • 情報提供これが、わが家の最後の希望だった校医面談かぁ・・・(苦笑。 不登校児の母:琥河のブログ琥河さんのプロフィール
  • 校医面談では、以前同様「親にだって傷付く心はあるんです!!」と心底思いましたね〜。でもこの学校の不登校に対応する関係者には、「親の心」なんて言う視点はないみたい。私、何しに来たんだろうって・・・ひたすらしみじみ。これが、1回しか受けられないから何とかその日までには・・・と思ってた「わが家の希望」の校医面談かあ・・・・・・・・・・・・(笑。そして、王制でも貴族制でもないこの現代日本で、こんな世界が平
5位 琥河さん
  • 情報提供不登校児に冷たかった高校。今でも変わらないのかな・・・!?(1) 不登校児の母:琥河のブログ琥河さんのプロフィール
  • 今まで書いてきたこと・そしてこれから書くつもりなこと。ブログを書きながらそれらを思い起こしてみると、本当に濃い学校だったなと思います。不登校児に、そしてその保護者に冷たくていい加減だったあの高校。今でも変わらないのかな。(※出席日数などの規定で留年の危機になって転校しましたが、その事自体は皆平等なルールなので恨んだりはしていません。ただそこに至るまでの経緯があまりにも酷かったので、それを包み隠さず
6位 kmさん
  • 情報提供問題を起こさなかった我が子が不登校に!限界を超えてパンクしちゃったんです 青い鳥の住む家kmさんのプロフィール
  • 今多くの子どもが不登校で苦しんでいます。よその家は大変だな、と思っていてもそれは他人事ではないかもしれません。子どもが不登校になった時、100%に近い程まず子どもを責めてしまいます。「どうして行かないの?」「どうして行けないの?」「他の子と同じようにできないの?」毎日宥めすかし学校に行くように仕向けることに必死になります。でも子どもは行きません。そうすると次は親は自分を責め始めます。「育て方を間違え
7位 琥河さん
  • 情報提供不登校になっても、長男は自慢の息子です。それにひきかえ・・・。 不登校児の母:琥河のブログ琥河さんのプロフィール
  • そして、ここと比べられて褒められてもきっと全然喜ばないだろうけど、うちの長男は絶対・・・こういう校医みたいな言葉を口にする子じゃない。。親のひいき目とかでもなくて、・・・・・・・今弱ってしまっていても、性根は素朴で優しい・・・私にとっては、自慢の息子なんです。(もう年が年なので、もちろん小さい頃のように密着したり・過度に甘やかしたり・「天使」扱いなどはしませんが)それなのにねえ。病院の紹介すら、血
更新時刻:17/07/29 01:30現在