ひきこもりシニア・中年 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/08/23 12:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
kappaさん
  • 情報提供2017年 08月19日  人生詰んでます。kappaさんのプロフィール
  • (8月19日現在) 現在、数冊の本を読んでいます。 長年ウツに苦しみながらもそのトンネルを抜けて 時折起こる(予測可能)突発ウツと、付き合いながらも ウツのトンネルは、抜けるものだ!っと宣言するために、 ウツのトンネルに入っていった多くの著名人や社会人にインタビューして その体験談をまんがで表したものだと思います。 ...

2位
AYUMUさん
  • 情報提供中高年の大人が劇的に成長するには○○が必須! 引きこもり、うつ病を乗り越え、自分らしく生きるAYUMUさんのプロフィール
  • 中高年になると、何もしないでいると体がどんどん衰えてきます。 体力面だけではありません。 子供の時は何事においても成長が著しいですが、中高年になると衰えるばかりで「成長」なんてほとんどできないと思っている人が多いので […]

3位
七尾のキツネさんさん
  • 情報提供どうでもいい。 毒親を持った子供の愚痴七尾のキツネさんさんのプロフィール
  • 私は何かの意見を訊ねられた時、「どうでもいい」とか「どちらでもいい」と答えてしまうところがある。それは幼少期より毒親による理不尽な選択を迫られ続けたことが原因である。私の親は私に意見を求める(選択を迫る)時、親の望む選択をするよう強要してくる。親の望む選択をしなかった場合、必ず私の選択を否定してくる。時に直接的にあからさまに嫌そうな顔で「それだと困る」等の文句を言い(だったら聞くなよ)、時に間接的
4位 たけさん
5位 60歳過ぎても治らない鬱病。さん
  • 情報提供夏休みも中盤 60歳過ぎても治らない鬱病60歳過ぎても治らない鬱病。さんのプロフィール
  • 夏休みも中盤。猛暑が続くかなと思いきや、雨の日が続き気候の落差も激しい、私にはとっては気候の変調は気分が優れない。雨の日は散歩もままならない。部屋に閉じこもりとなる。元々閉じこもりである、、、、が、、、せめて散歩だけは雨の日でも日課をこなしたい。昨日は教会員の方に食事を誘われ、食事の後は勉強会となった。勉強会が終わり、帰りに握手をして、ついでにハグをするが、日本人にとってハグは苦手である。外人さん
6位 60歳過ぎても治らない鬱病。さん
  • 情報提供ドライアイで目がヒリヒリ痛む 60歳過ぎても治らない鬱病60歳過ぎても治らない鬱病。さんのプロフィール
  • 目がヒリヒリ痛む。歳を取ると色々な箇所に障害が出る。ここ何日間、目がゴロゴロしたりヒリヒリしたり、軽い痛みで悩んでいる。昨夜は痛みが酷く、涙が出るぐらい痛む。途中から目覚め、ヒィフヒィフ、、、痛みに堪えながら目をつぶるが、再度寝る事に苦労を覚える。病院の診断では、白内障、緑内障、ドライアイなどの症状が、見えると言う事。それらは前に言われていた事。実に栄光なる病気のオンパレードである。歳はとりたくな
7位 Fast Freddieさん
  • 情報提供人生の裏マニュアル②  サンタで いこう!amFast Freddieさんのプロフィール
  •    テクニックは道具!?  営業成績を上げるのに     新しいテクニックを            お探しでしょうか? 営業テクニックは実際必要なもので、  一定水準の営業技術に到達するのに    それを勉強するのも       いいことなのですが・・・ 問題はそこから先...  あなたは既に限界点に達した先を    どう乗り越えるか  探しにきたのではないでしょうか? 仕事で心が折れそうになっ
8位 Kazuomiさん
  • 情報提供【映画】ベイビー・ドライバー わかりました あきらめましょう。Kazuomiさんのプロフィール
  • youtu.be映画館でハリウッド映画を観るのは随分と久しぶりな気がする。これを観ようと思ったのは週刊文春の映画評で全員が満点をつけていたからだ。アメリカでの興行収入が1億ドル突破しているらしいし、ハズレはあり得ないと期待した。娯楽映画としては文句なしだった。アクション映画の要素とポピュラー音楽を多用したミュージカル的な要素が上手くかみ合って、あっという間にエンドロールに達した。ただ「もう一度観たい」とか
9位 Kazuomiさん
  • 情報提供牛乳石鹸炎上案件について わかりました あきらめましょう。Kazuomiさんのプロフィール
  • 牛乳石鹸の炎上案件。とりあえず先入観なしに動画を見てから、言及したブログ等を読んでみた。驚いたのは「世間の大半は夫の方に立腹している」という事実だった。この炎上事件が示唆する問題について、特に考えがあるわけではない。ただ、己の感覚が世間の平均値から大きく乖離していることに寂しさを感じた。私には夫に悪いところがあるようには見えなかった。妻の横暴さばかりが鼻についた。夫としての役割を果たすよりも、後輩
10位 七尾のキツネさんさん
  • 情報提供お盆。 毒親を持った子供の愚痴七尾のキツネさんさんのプロフィール
  • 私は「お盆」というのが嫌いである。先祖の霊を供養する行事を嫌うとは罰当たりな、と思われるかもしれない。しかしながら私の親は毒親で、下記のようなことが毎年繰り返されるのだから仕方がない。信仰深い親にとってこの手のメジャーイベントは何をおいても優先されるべき行事(私の都合はすべて却下される)何かと理由を付けてやりたくない事から逃げる親にとってこの手のメジャーイベントは格好の言い訳材料(「休みはお盆に使
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
更新時刻:17/08/23 12:30現在